Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
カナダ移住

カナダで見つけやすい仕事、大工さんについて

大工さんについて




最近、日本人の方の問い合わせが増えてきましたが、今まではヒスパニック80%、日本20%でお仕事をしていました。ヒスパニックの間では当たり前の職業、大工さんですが日本人はどちらかというとオフィスワーク系を希望する方が多かったので、私の中で勝手に線を引いていたのですが、先日のツイッターでの大反響にビックリし、今回は大工さんという職業について書いていきます。

カナダで大工さん(Carpenter)になる

カナダで見つけやすい仕事、大工さんについて

最近はプログラマーブームで、多くの人がせっせとプログラミングを勉強しているように見えます。しかし、大工さんってガテン系で大変そうだけど、カナダ移住するときに潰しの効く、すごくいい職業なんです。

カナダで大工さんの職業は、他の職業に比べると、とても見つけやすいです。これといった資格もなく経験があればすぐ仕事が見つかる職業なので、ヒスパニック系は大工職を探す人がすごく多いです。また、カナダの大工さんはお給料が良いです。経験者は@$17~$25スタート、未経験者はもし雇ってもらえた場合、@$13~ということで、マニトバの最低時給は$11.35(2019年8月現在)なので、未経験で最低時給以上は貰えることになります。これに、もしカナダの資格を持っていると@$45とかもらえてしまうのです。一つ難点は、天候と時期に左右されます。9月、11月、1月は、仕事少なめです。

しかし、冬だけ廃業宣言するとカナダから補助金が出る場合があります。
minimumwage-canadaカナダの最低時給(2019年)

ガテン系最低賃金の法律(マニトバ州)

 

大工さんの仕事に就くには車が必須

カナダで見つけやすい仕事、大工さんについて

大工さんの仕事というのは、大きく分けると、

  • リフォームすること
  • 新しい家を建てること

になります。

 

既に建っている家のリフォームだと街中にあることが多いですが、新しい家を建てる場合、Google Mapに載ってない場所に行かなければならない場合が多いです。カナダ全体がなのですが、マニトバ州も沢山の移民を受け入れていて、ウィニペグはだんたんと街が広がっています。あなたがもし、ウィニペグのダウンタウンに住んでいる場合、現場まで1時間くらいというのは当たり前になります。なので、車の免許と自家用車は、大工さんの仕事に応募する上で、必須になっている場合が多いです。

募集はこんな感じの内容が多いです。
Job Requirements:

  • 5 years minimum carpentry experience
  • Good knowledge of tools and machinery related to carpentry.
  • Good communication skills and positive attitude.
  • Capable of taking direction from supervisors
  • Class 5 driver’s license required!

Candidates that don’t meet Requirements need not apply

Job Type: Full-time

車の免許の取得の仕方はこちら↓↓↓

カナダに到着したらやること2
カナダに到着したらやること~2日目なるべく早くカナダ生活に馴染めるよう、これらを行っておくと生活が楽になります。 最初はみんな大変ですが、少しずつやっていきましょう!...

 

大工さんと一言で言っても、色々ある

カナダで見つけやすい仕事、大工さんについて

大工さん(Carpenter)というのは、とても大きなくくりの職業で、カナダでは色々なカテゴリに分かれます。

その為、Indeed.caでCarpenterと探すと、本当に色々な職業が出て来ます。大工さんの募集は沢山あり、「大工」の募集だと、どこまでやるのかを確認するべきです。以下の物を全て一括でやる会社もありますし、以下の中のひとつだけをやる会社もあります。しかもこれだけではない上、本当に色々な仕事があります。

(既に大工さんを職業にしている方は知っていることだと思いますので、ここは飛ばしてくださいね。)

 

maintenance technician・・・ビルやホテルのメンテナンスとか。お給料はカーペンター職より低めだけど、季節に左右されず安定している。

Insulation technician ・・・断熱材を張る人。断熱材は最近色々とタイプがあり、多分スプレータイプまで出来ないとダメ。基本ガラスファイバーを使っている為、ちょっと怖い。

drywall technician・・・ドライウォールを付ける人。

Window, door technician ・・・窓やドアの取り付けをする人

Painter ・・・ペンキを塗る人

Handy man ・・・ハンディマン。小さい仕事から大きな仕事まで結構色々ある。

Roofing technician・・・屋根の貼り付け。これは大きな家や、急カーブな屋根の家などはとても危険。たまにベルト無しで仕事している屋根業者がいますが、311に通報すれば営業停止になります。夏は、カナダの強い紫外線の影響で、真っ黒になりますw

Leveling technician・・・家を持ち上げる人。カナダの家は、基本、地下があります。積雪があるのに、地下があるという結構無理な家の構造なので、この問題を抱える家はすごく多く、危険も伴うのでお給料高めです。

Deck technician ・・・カナダの家は1階が中1階のような感じになっている家が多く、玄関の前には階段がついていて、そこがデックになっている場合が多いです。

余談ですが、郵便ポストがだいたいその周辺にあります。ポストにたどり着くまでの家の敷地内で、何か危険物や、階段、デックが壊れていると、郵便屋さんは安全性の問題で、郵便物を届けなくていいという、カナダの法律があります。郵便物が届かなくなってしまうので、夏になるとデックを直す人は非常に多いです。

これらは資格なしで働けます。(あった方がいいですけど。)

Plumber(配管工)や、Electrician(電気工)は、資格が無いと働けません。

 

大工さんの需要

カナダで見つけやすい仕事、大工さんについて

大工さん需要はあります。街自体がどんどん大きくなっている為、先ほども書いたようにGoogle mapに載っていないところにどんどん家を建てています。
またバンクーバーだけでなく、ウィニペグにもお金持ち中国人が家を買って、学生に部屋貸ししているのを多く見かけます。

お金持ちの中国人が買いまくっているということは、まだまだたくさんの伸びしろがあるのでしょうね。

さらに、カナダの気候はきびしいです。そしてウィニペグは、冬は北極と間違える程寒く、夏はとても暑いです。
冬の夜中に、家の中にいると、ミシッミシッと木がきしむ音がします。(笑)大丈夫かな?と心配になりますが、我が家の「木」のプロが言うには、大丈夫だそうです。
そのような環境なので、リフォームはすごく需要があります。夫は現在、大工をしていないですが、よく声がかかるほどです。
会社としてやっていると、お店と業務契約するはずなので、材料が安く手に入るのですが、我が家はそれをしていないので、材料費が定価になってしまい、そんなに儲けはないですが、お小遣い稼ぎでやってもらうときもあります。

 

ペインターという穴場のポジション

カナダで見つけやすい仕事、大工さんについて

いわゆるペンキ屋ですが、素人の私たちは「ペンキを塗る」というと、ローラーでコロコロ塗るイメージですが、プロのペンキ屋はスプレーでペンキを吹きかけます。このスプレーで吹きかける為に、準備をするアシスタントというポジションがあります。このポジションが未経験でもちょっとYoutubeで勉強するか、3時間くらい練習するだけで、採用してもらえることが多いです。

 

まとめ

普段、生活していると、何よりも重宝するのがハンディマンです。ちょこっとしたところをさっと直せる人は、自分自身も節約できるし、お小遣い稼ぎも出来ます。たまに数人限定で、講習会を開く予定です。もし興味があればお問合せ下さい。

 


何か質問等ございましたら、いつでもお問合せ下さい。

参加しました。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
スポンサードリンク