Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
トラブル in カナダ

紛失盗難にあった時の対応

紛失盗難にあった時の対応

トラブルに巻き込まれないようにするための対策が必要ですが、万が一被害にあってしまった場合の対応として、心に留めておきましょう。いざ盗難にあうと、頭が回らなくなります。

また、もしものときの為に、賃貸の場合でも保険だけは入っておいた方がいいと思います。




パスポートの紛失、盗難

<バンクーバー日本国総領事館より引用>

紛失、盗難、焼失等した場合、その旨を最寄りの警察署に届け出た後、紛失一般旅券等届出書を提出の上、一般旅券の新規発給申請を行ってください。この場合、通常パスポートの再取得に概ね1週間を要します。

 

必要書類

  1. 一般旅券発給申請書 1通(当館備え付け)または旅券申請書ダウンロード
  2. 紛失一般旅券等届出書 1通(当館備え付け)または旅券申請書(紛失届)ダウンロード
  3. 本人を確認できる書類(運転免許証等)
  4. 戸籍謄(抄)本 1通(6ヶ月以内に発行されたもの)
  5. 写真 2葉(サイズ縦4.5cm、横3.5cm)
  6. カナダ警察への届出書 1通
  7. カナダ滞在資格が確認できる書類(カナダ滞在査証、永住権証(PRカード)等)
  8. 旅券失効、及び申請同意書(未成年者による申請で親権者が申請書署名欄にサインできない場合)

 

帰国のための渡航書

パスポートを再取得するには、本籍地から戸籍謄(抄)本を取り寄せる必要がある他、申請してから交付するまで約1週間要しますが、緊急に日本へ帰国しなければならない場合、「帰国のための渡航書」の発給を受けて帰国することができます。

 

領事館リンク

日本国総領事館 リンク
在カルガリー パスポートを紛失した場合
在バンクーバー パスポートを紛失した場合
在トロント パスポートを紛失した場合

ビザの紛失、盗難

カナダ留学の手続きの流れを知っておこう

学生ビザ/就労ビザ/移民ビザなど、ビザの紛失は再発行の申請をすることが出来ます。
CICへ書類申請をします。申請料は$30で、発行にかかる時間は2週間以上が目安だそうです。時期によってさらに長くかかることを考慮しましょう。
ビザの種類によって申請書類が違うようなので、申請手順や提出書類に関してはCICのウェブサイトを確認してください。

CICウェブサイト

http://www.cic.gc.ca/english/information/applications/certcopy.asp

 

銀行カード紛失、盗難

至急、各銀行の窓口に電話して、「利用停止」しましょう。

銀行名 電話番号 WEBサイト
Royal Bank 1-800-769-2511 ウェブサイトはこちら
CIBC 1-800-663-4575 ウェブサイトはこちら
TD Canada Trust 1-866-222-3456 ウェブサイトはこちら
Scotia Bank 1-888-823-9657 ウェブサイトはこちら
Bank of Montreal 1-800-361-3361 ウェブサイトはこちら

 

クレジットカード紛失、盗難

カナダで使える、日本のクレジットカードについて

「カード会社名 盗難」で検索!

銀行カード同様、至急、クレジットカード会社に電話して「利用停止」しましょう。連絡先はカードの裏に書かれているのですが、連絡先を控えてない場合は、ネット検索しましょう。

 

カナダの運転免許証紛失、盗難

すぐに近くにAutopacかMPIへ行き、手続きをしましょう。その際に、他のID(出生証明、車両登録証、マニトバヘルスカード、ビザやパスポート等)が必要になります。手続した時には、テンポラリーの紙の免許証が発行され、本物のカードの免許証は、10-12日程度で登録住所に郵送されます。カードの免許証を受け取った時点で、紙のテンポラリー免許証は無効になります。

運転免許証が盗まれて警察に報告された場合は、警察の事件番号(police incident number)が送られます。 この番号をAutopacまたはサービスセンターに提出する場合は、運転免許証を交換する費用はかかりません。

運転免許証を紛失した場合は、交換用ライセンスを要求されたときにAutopacまたはサービスセンターで10ドルの交換手数料(エンハンスドドライバー免許の場合は15ドル)がかかります。

運転免許紛失場所 WEBサイト
ウィニペグ MPIウェブサイトはこちら
バンクーバー ICBCウェブサイトはこちら
トロント Service Ontario Centreウェブサイトはこちら

 

日本の運転免許証紛失、盗難

渡航前に準備して持参したい書類

<警察庁ウェブサイトより引用>

免許証を亡失し、滅失し、汚損し、又は破損した場合、住所地の公安委員会に免許証の再交付を申請することができるとされています(道路交通法第94条第2項)が、海外に滞在中等外国に生活の本拠があり日本に住所を有しない方が、免許証を紛失・破損等した場合には、一時帰国した際に、一時滞在先を住所地として免許証の再交付の申請を行うことができます。
この場合、一時滞在先が免許証上の住所地と同一であるときは、特別の手続は不要ですが、一時滞在先と免許証上の住所地が異なっているときは、一時滞在先への住所変更手続を行う必要があることから、滞在先である実家等が住所であることを証明する書類(本人宛の郵便物やそこに滞在していることを証明する書類(実家の世帯主等が作成したものなど。))が必要となります。

必要書類

  1. 再交付申請書
  2. 当該免許証、又は当該免許証を亡失し、若しくは滅失した事実を証するに足りる書類
  3. 申請用写真
    ※申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、無背景で、胸から上が写っているもの。大きさ3.0×2.4センチ。
  4. 住所変更の際は、そこが住所であることを証明する書類(本人宛の郵便物やそこに滞在していることを証明する書類(実家の世帯主等が作成したものなど。)):idea: 注意事項
    原則として代理人による申請は認められていません。警察庁ウェブサイトはこちら

 

私がレストランでバッグを盗まれた時の話

まだ早い?留学、移住を考えるなら辞めないで!

とてもバカだったのですが、ESL時代、クラスメート10人とレストランに行き、ロングテーブル1席に5x5で座る一番奥の席に座りました。

全て日本人だったせいか、みんなしてバッグをテーブルの手前側(つまり通路側)に山にして置いていたので、一番奥に座った私からはバッグは見えませんでした。今考えれば持って行ってくださいと言っているようなものなのですが、10人ともそこに置いていたので、特に心配もしませんでした。

食事が終わった後、いざ会計の時になって、私のバッグだけ見当たらず、足がガタガタ震えました。

その時、日本では小学校の先生をしてたというしっかりした友人がテキパキと対応してくれて、連絡しないといけないところにはすぐ連絡してくれて、銀行やクレジットカードなどの二次被害はありませんでした。

次の日、学校に行くと、学校に私のバッグがありました。知らない人が届けてくれたと言うんです。

その人によると、ストリートのゴミ箱に捨ててあったということでした。盗まれた日はちょうど月末で、バンクーバーのESLの学生にとって月末は、新しいクラスに進む子や、英語学校を終えて帰国する子が沢山いるので、Bye-Byeパーティなるものがよく行われました。そして、2005年はiPhoneもなかったので、コンパクトカメラ持参ですww

かばんの中に入ってた、エレクトロニック製品、

  • 電子辞書
  • コンパクトカメラ
  • USB

そして、現金は全て盗まれました。

しかし、

  • クレジットカード
  • 銀行カード
  • 学生証
  • 6万円もしたブランド財布
  • バッグ本体

は、捨てられていたのです。私は泥棒というのは、カードなんて絶対盗むものだと思ってたのですが、学校の先生の話では、カナダでカードを盗む人はほとんどいないとのことでした。

なぜなら、足がつくから・・・

ATMにはカメラが付いてるし、暗証番号を一発で当てるなんて出来ないから、カードやクレジットカードを盗む人はまずいないって。

でも2005年のクレジットカードがどんな感じだったか忘れてしまいましたが、2019年現在のクレジットカードは、チップが入っててピッと当てれば精算出来てしまうので怖いですよね。ネットでも買い物出来るし。

去年、日本人のお友達の家に泥棒に入られたという話を聞いたのですが、カード類、現金類、ありとあらゆるものを持っていかれたと言っていました。バッグを盗まれるのと、家に泥棒に入られるのとではレベルが違いますが、やっぱりカード類の保管も気をつけたいところです。

カナダの保険について
カナダ旅行保険のご案内提供:Bridges Int'l Insurance Services プランによっては事故による死亡や後遺障害について補償さ...

 

心構え

カナダは安全な国ですが、基本的に、狙われるようなことはしないようにしましょう。例えば、荷物から目を離さない、大金を持ち歩かない、財布や貴重品はポケットに入れない、バックはファスナー付きを使うなどです。トラブルに巻き込まれないように生活をし、もし巻き込まれてしまった場合は、落ち着いて対応しましょう。

現金を家に置かないこと

なるべく現金を家に置いておかないようにしましょう。当然カナダにある銀行では日本円はカナダドルに換金しないと入金することは出来ないですが、少しの間ならともかく、ある程度の期間使う予定がないのであれば、思い切ってカナダドルにして、定期預金に預けた方が、運用することが出来る上、安全です。

家の扉は、鍵を閉めていても、足で蹴れば扉は壊せるものと考えると、どうしたらいいのか想像できると思います。


何か質問等ございましたら、いつでもお問合せ下さい。

参加しました。応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
スポンサードリンク